2010年04月20日

中国潜水艦など10隻 沖縄本島沖の公海を通過(産経新聞)

 防衛省統合幕僚監部は13日午前、中国海軍のキロ級潜水艦2隻、ソブレメンヌイ級ミサイル駆逐艦2隻など計10隻が10日夜、沖縄本島の西南西約140キロの公海を東シナ海から太平洋に向けて通過したことを発表した。近年、これほど大規模な活動はまれだという。

 防衛省によると、中国人民解放軍の機関紙が、中国海軍「東海艦隊」による東シナ海での大規模な合同訓練の実施を発表していた。7日から9日まで東シナ海中部海域で艦載ヘリコプターの飛行訓練などを行ったことを確認。沖縄本島と宮古島の間を通過後は、沖縄南方海域で11日、補給艦による洋上補給が実施された。

 また、8日には警戒・監視にあたった海上自衛隊護衛艦「すずなみ」に艦載ヘリが約90メートルまで接近した。

 北沢俊美防衛相は13日午前の記者会見で「公海だが、今までになかった事態だ。詳細な分析をし、わが国に対する意図があるのかないのかを含め、調査したい」と語った。

【関連記事】
中国の台湾攻略作戦 米国防次官補代理が証言
にじむ中国への配慮 米、対話の必要性を強調
中国の軍拡に警鐘、「二正面作戦」見直し 米戦略指針
「もはや日本は極ではない」 鳩山内閣は日米同盟を守れるのか
【軍事情勢】船出するアジアの海軍 虚しく響く東アジア共同体

馬毛島に米軍訓練移転=沖縄負担軽減へ政府検討(時事通信)
「大阪都」どうなる?…19日に橋下知事が新党(読売新聞)
よみがえった武田軍=山梨県〔地域〕(時事通信)
<小沢幹事長>両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も(毎日新聞)
<普天間移設>「徳之島」白紙撤回を要請…首相に民主県連(毎日新聞)
posted by ヒラガ タケハル at 12:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。